ぱきらの中国(河南省開封)生活

ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

路上駐車と紙銭露店☆清明節休暇中の中国河南省開封市の様子

こんばんは。

19時現在の開封市 気温 22℃ 湿度44%です。
暖かく 良い天気の一日でした。


さてさて、


今日は清明節休暇期間の開封市内の様子について
書きたいと思います。

 

 

 

4月4日の夕方の様子

 

今年の清明節は4月4日。

4月4日から6日や7日まで、3連休・4連休の人も多く、
開封市内にも多くの観光客の方が来られたようでした。

 

 

 

 

 

4月4日夕方ごろ、城壁の下の歩道には
びっしりと車が停められていました。
広い歩道じゃないし、普段はこんな場所に 車は停めません。
1台が停め始めると、続けて何台もが同じ行動をして 
こうなったのだと思います(;^ω^)

 

 

 

清明上河園近くの 歩道と2車線のうちの1車線も
駐車車両であふれていました。

 

 

こちらは万歳山武侠城です。

 

 

 

万歳山武侠城に向かう途中の道路は
駐車車両と駐車したい車両とで身動きがとれなくなっていました。
どこが道路か歩道かわかりません。

 

 

 

遠くに車を置いて歩いて電動バイクで目的地に向かう人達も多いようでした。

 

 

 

 

こちらの人達は立ち止まって途方にくれていたのですが、

 

 

 

どうやら 歩道に車を駐車して観光に行き、戻ってきたら
車が出せない状態になっていたようです😅

 

 

日本だと、前に停めてあった車が道路に出ることが出来るルートを考えて、
スペースを残して、後に来た人は 車を停めていくのでしょうが、
スペースが空いていたら とにかく停めちゃう人が多いようで、

 

 

あっちでも
(道路上です)

 

こっちでも
(道路上です)

 

どうやって出るの?状態の無法地帯が広がっていました💦

 

 

開封市中心部は道路幅も狭く、観光地の駐車場も狭く、
駐車スペースが 圧倒的に足りていません。

 

開封市民の多くは こうなることがわかっているので、
連休中はなるべく 開封市中心部の車移動はしないようにするようです(*^◇^*)

 


4月6日朝の様子


今朝 開封市内をくるっと回ってくると
ちょっと様子が変わっていました。

 

 

あれ?

 

おや??

 

 

車達は どこいった?
駐車車両はどこいった?

 

 

 

城壁内の道路を通行止めにしたり

 

 

 

柵を使ったり

 

 

駐車できない様にコーンを置いたり

 

 

見えにくいですが、テープを張ったりすることで、

 


車の動きがコントロールされ、
大混雑や無茶苦茶な駐車車両は なくなっているようでした。

 

 

 

ただし、混雑の抜け道に利用される形で、
思ってみない脇道の混雑に遭遇しました(*´▽`*)

 

 

 

 

今日の観光地の人出は

 

 

そんなに多くは無いようでした。

 

 

昨日、一昨日の開封市内の観光地は どこも大混雑だったとの動画を見たので、
昨日、一昨日に観光する人が集中したようです。
連休中も 日によって混み具合に大きな差があるようでした。

 

今日 開封市観光に来た人は 比較的ゆっくり見れて 

 

 

良かったのではないでしょうか。


清明節の露店の紙銭屋さん

 

ここまで清明節休暇中の開封観光の様子に関して書きましたが、
清明節は中国の大事な行事の一つで、
ご先祖さんを敬い 家族でお墓参りをするなど
日本のお彼岸にあたるような日です。

 

中心部は観光客でにぎわっていましたが、

 

 

中心部をちょっとそれると 露店の紙銭屋さんを

 

何軒も

 

 

見かけました。

 

 

ご先祖様に

 

送金だ♪

 

 

橋の上では

 

燃やした跡らしきものも見かけました。

 

 

歩道の上でも

 

燃やしたらしき跡あり。

 

 


紙銭を燃やす様子はこちらをどうぞ

tpakira.hatenablog.com

 


近年、紙を燃やす行為が環境汚染につながる可能性があることから、
供養の方法を紙銭を燃やすことから 花を供える方法に換えよう という動きが
あるようです。

 


環境汚染は困りますが、紙銭の文化がなくなっていくのも
ちょっと さびしいものがあります。


2024年の開封市では、まだ燃やす風習は残っているようでした。

 

 

 

◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村