ぱきらの中国(河南省開封)生活

ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

中国河南省開封市のおすすめ観光 書店街夜市・西司夜市 ≪営業再開直後の開封夜市散策 後編≫

こんばんは。

 

18時現在の開封市、気温13℃ 湿度78%です。
曇っている一日でした。


さてさて、

 

今日は 営業再開直後の開封夜市散策 の様子の後編を
書いていきたいと思います。


前編はこちら

tpakira.hatenablog.com

 

 

書店街夜市は食べ物以外の屋台が色々

 

鼓楼広場からすぐの横道に入ると

 

 

『書店街夜市』がありました。

 

 

 

色々な露店が

 

通りの両サイドに

 

 

並んでいました。

 

花屋さんもあります。

 

食べ物屋台もありましたが、
鼓楼広場と比較すると、

 

 

こちらは雑貨系の屋台が

 

 

多いような印象でした。

 

屋台の後ろには、もともと昼間から営業している書店街の店舗があります。

 

 

こちら プラモなどを置いているおもちゃ屋さんのようで、
入り口の大きなポスターがありました。

 

Re:ゼロから始める異世界生活のレムさんとラムさんです。
開封市内で見かけることになるとは・・・・。 
ここは、アニメイトですか?(笑)


日本のアニメが開封市でも需要があるようで
ちょっとうれしかったです(*^^*)

 

 

人混みの中からセキセイインコの声がする・・・と思って、
声のする方に行ってみたら、

 

うひょーー♪
なんて可愛いいんやあヾ(≧▽≦)ノ

 

インコちゃん達は占い屋さんです。
実際に占いを行っている場面に遭遇したことはないのですが、
インコちゃんが おみくじみたいなのを引いてくれるのかもしれません。

このような鳥占い屋さんを開封市内の他の観光地に行った時も
何度か見たことがあります。

 

 

レゴブロックの人形を抱えている人。買ったのかな?

 

昼間の書店街の様子はこちらもどうぞ

tpakira.hatenablog.com

 

 

書店街を通っていて思い出してきたのですが、
2013年に鼓楼夜市を目指してやってきたのが、

 

 

 

書店街の

 

門のある場所でした。
(この時は、どうやってここまで行ったのか 全く記憶に残ってません💦
たぶん バスかタクシーのはずなのですが・・・・。)

 

 

☆印の場所に書店街の門があります。
そこから、黄色い線の通りが書店街で 真っすぐ700メートルほど歩けば、
食べ物屋台がたくさんあって、イスやテーブルもあって、
ライトアップされた鼓楼が見える 鼓楼広場に到着したはずなのですが、


2013年の時は、鼓楼夜市がどんな広さで、
どんな屋台があるのかもわからずに行ったので、
☆印から300メートルほどの場所を散策して、
食べ物屋台少なめなんやなあ~  と 鼓楼広場まで行かずに 
引き返していたのでした(*^◇^*)

 

書店街と鼓楼広場はとても近いので、
書店街と鼓楼広場をふくめて『鼓楼夜市』と呼ぶ人もいるのかもしれませんが、
鼓楼広場と書店街の屋台の雰囲気は違うので、
あえて書店街の方は『書店街夜市』と呼ばせていただくことにします。

 

開封市の夜市観光のおススメとしては、鼓楼広場からスタートして、
『書店街夜市』を2、300メートルほど散策して引き返し、
『鼓楼夜市』でゆっくり屋台料理を堪能するか、
『鼓楼夜市』で飲んだ後 酔い覚ましに『書店街夜市』の雰囲気を楽しみに行くか、


長距離歩くのが苦じゃない人は、☆印の『書店街夜市』の門からスタートして
雑貨などを見ながら『鼓楼夜市』まで行って屋台料理を楽しむか、
『鼓楼夜市』で買った屋台料理を食べ歩きしながら『書店街夜市』を散策するか。

 

間違っても、☆印の書店街の門からスタートして 
300メートル歩いて 「思ってた夜市とちょっと違うなあ~」と
引き返すことのないようにお願いしたいです(*^◇^*)(笑)

 

なにはともあれ、

 

ちょっとは開封市観光らしい写真スポットも

 

下見出来たので 良かったです(*^^*)♪♪

 


森閑としていた西司夜市

 

鼓楼夜市の下見を終えたあと、『西司夜市』にも行ってみることにしました。

 

場所は包公湖のすぐ近くです(黄色い線の通りが屋台街です)

 

 

『西司夜市』は、2013年に その時開封の会社に駐在されていた方が
連れていってくれた屋台街でした。
『鼓楼夜市』は観光客と地元の人が半々くらいだけど、
『西司夜市』は地元の人が多い屋台街だよ~と 教えてくれました。


食べ物屋台がいっぱいで、人もたくさんにぎわっていて、
羊串がとても美味しかったのを覚えています(#^^#)

 


去年、一度行ってみようってことで 出かけたのですが、
早い時間帯(17時半)に行き過ぎたのか、
この日は休業日だったのかわかりませんが、

 

 

屋台は

 

 

お掃除中でした。

 

ほとんどの屋台は仕舞われていて、

 


 

まだまだ開店する気配なしでした😅

 

11月20日は鼓楼夜市見学後で 19時を過ぎていたので、
時間的には開始しているだろうと 見に行ってみたのですが、

 

おーーーい どうした?
屋台がポツン ポツン しかありません。

 

 

営業している屋台があるにはあるのですが

 

お客さんもほとんどいなくて森閑としていました。

 

 

鼓楼夜市は11月20日営業再開とSNSで情報があったけど、
西司夜市に関しては なんの情報も出てなかったので、
地元のみなさん、再開されたことに気がついてないのかもしれません。


それか、厳しいコロナ対策の期間が長すぎて、
屋台がどんどん閉店しちゃって 地元の人も離れちゃったのかな( ;∀;)

 

かつてはこんな感じで盛り上がっていた西司夜市(中国SNSより)


森閑とした西司夜市は、営業再開直後だったからってことで、

 

今週末に行ったら、こんなくらいに また盛り上がってると良いなあ(*^◇^*)

 

 

夫がバイクを止めました。

 

ポテトを買いたいようです。

 

 

夫のポテトを揚げてくれている間に お隣の屋台を見ていると、

 

何かを伸ばしているようです。

 

気になったので、私はこちらを購入してみることにしました。
白吉馍 普通 7元(約140円)を注文すると、
平べったいパンみたいなのを取り出してくれました。
中はカマになっていて、ここにさっきの伸ばしたものを張り付けて
パンを焼いているようです。

 

この壺から肉を取り出して

 

刻んでパンにはさんでくれました。

『普通』 の意味は、肉の量が普通 ってことだったみたいです。
肉を多くしたかったら10元のを頼むと良いと思います。

 

ラーか?(辛いの入れるか?)って聞いてくれるので、
辛くないのが良い人は ブラーで! と言ってください。
お店の人は青唐辛子を手に持っていたので、
ラーで 頼むと 結構辛いかもしれません。

 

お隣のポテトも揚がったみたいです(*^。^*)

 

 

 

次に 夫が興味を持ったのがこちらの屋台でした。

 

煮蓮根の小サイズを15元(約300円)で購入。

 

 

小サイズと言っても 250gありました(*^^*)

 


家で屋台料理を堪能

 

実は 今回は電動バイクで行ってるので 現地では飲めません。
買った屋台料理は持って帰って 家でゆっくり食べようとしていました。

 

なので、タッパー持参で夜市に行ってました♪
(鉄板豆腐は 味見しちゃったけど(笑))

 

 

ポテトはオーブンで再加熱。

 

白吉馍 美味しかった~
鉄板豆腐も美味しかった~
蓮根は かなり甘め。おせち料理みたいやったけど、これはこれで有りかも(*^▽^*)
フライドポテトかと思ったけど食べたらサツマイモでした。
オサツどきっ ってお菓子を思い出しました。美味しかったです♪

 

 

家で ゆっくり飲んで食べて 屋台料理を堪能しました😄

 

 

 

◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村