ぱきらの中国(河南省開封)生活

ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

中国開封市の自宅マンション小区はいつまで封鎖されるのでしょうか

こんばんは。

 

17時現在の開封市、気温26℃ 湿度66%です。
曇っているようです。

 

さてさて、

 

今日は開封市の自宅マンション小区が現在進行形で封鎖されていることについて
書きたいと思います。

 

 

開封市の自宅マンション小区が閉鎖されました


自宅があるマンション小区が完全封鎖されたのは8月30日の夜でした。


詳しくはこちらもどうぞ

tpakira.hatenablog.com


封鎖されると、住民達は小区敷地内から出ることが出来ず、
買物はもちろん 仕事にも行けなくなります。


夫は 開封市でコロナの患者さんが発生した時から、こうなる可能性を想定し、

 

仕事に支障をきたさないために、
8月29日から会社の寮に泊まりこんでいました。


開封市のコロナ陽性者の発生状況についてはこちら

tpakira.hatenablog.com

 

マンション群小区が完全封鎖されたので、ついに 私達の住む小区でも 
コロナの陽性の方が出たんだと思っていたのですが、

 

8月31日の開封市でのコロナの陽性者は0人とのこと。


開封市政府が発表した 
『コロナの患者さんが出たのでこの小区には封鎖命令が出ています』リストにも、
私の住むマンション小区の名前は含まれていないようでした。

 


陽性者が出ていないのに なんで 自分達のマンション小区は封鎖されてるの?
いつまで封鎖されるの??


色々な噂は飛び交いますが、誰も 正確な情報を知らないまま、
何千人かのマンション小区の住民が、8月30日、31日と過ごすことになりました。

 

自宅マンション小区が閉鎖されたわけ

 

9月1日の夕方、
マンション小区の自治会みたいなところから
お知らせが来たと 会社の方が教えてくれました。

 

 

内容は マンション内には、濃厚接触者が9人、濃厚接触者の濃厚接触者が19人 
いるとのこと。


開封市では31日以降 陽性者は出ていないので 
マンション内にいる 濃厚接触者の方々というのは 30日までに陽性者になった方の
濃厚接触者と、濃厚接触者の濃厚接触者だと思います。


この影響で、4つのマンション棟に住む人達は
部屋から出ちゃダメになっているようです。
私が住んでいるマンション棟には 濃厚接触者の方は住んでいなかったようで、
部屋の出入りは認められているとのことでした。
(なので、小区敷地内を散歩するのはOK)

 

さてさて、理由はわかったけど 一体いつまで封鎖されるのよ(*^◇^*)💦

 

予定は色々狂います~

私は現在、到着空港の最寄り隔離ホテルにいます。

 

2022年9月現在の中国の防疫規定では、
外国から中国に来る人は 7日間のホテルでの集中隔離+3日間の自宅隔離か、
自宅が中国国内に無いなどの理由で3日間の自宅隔離が出来ない人は、
10日間のホテルでの集中隔離が義務付けられています。


私は開封市に自宅があるので、当初の予定では 今頃はもう開封市の自宅に
いるはずなのですが、
帰ろうとした直前に、自宅が封鎖されるというアクシデント(?)があり、
急遽 隔離ホテルに延泊させてもらうことになりました。

 

最初に部屋に用意してくれてた飲料水、隔離期間中、計画的に使ってたので 
十分 足りると思っていたのに、延泊するのなら 足りないです~ ^_^;
(すぐ 追加で持って来てきてくれました。ホテルの方々ありがとうございました。)

 

 

とはいえ、隔離ホテルも 次々新しい隔離対象のお客さんが来るのに 
ずっと居座ってるわけにもいきません(^▽^;)


自宅マンション小区は封鎖されていますが、住民なら 入るのは出来るはずとのこと。
近いうちに開封市の自宅に戻る予定にしています。
でも、一旦自宅マンション小区内に入ったら 封鎖がとかれるまで出れません。


普段なら 急な封鎖に備えて、1ヶ月くらいは籠れるくらい 
食料を備蓄しているのですが、

 

食料備蓄に関してはこちらもどうぞ

tpakira.hatenablog.com


7月30日に開封市を離れて、ほぼ1ヶ月。
日本に行くので 生鮮食品の買い置きはなく、冷凍庫の食材も整理しました。
カップ麺などの備蓄品はあるはずですが、夫が1カ月の中で何を食べたかわからず、
今 自宅にどんな食料があるのか 見当がつきません(^▽^;)

 

隔離生活中の食事の時に何度か出てくる果物。
いくつか食べましたが、いざって時の食料として 持って帰れそうなのは 
持って帰ろうと決意。貴重な生鮮食品です。

 

 

牛乳も日持ちする紙パックなので 持って帰らせていただきましょう。

 

この牛乳パックのイラストが可愛くて

 

隔離生活中、ちょっと癒されました(*^。^*)

 

会社の方にも相談しました。

 

 

食料を運んでもらうことが出来るようで、ちょっと安心しました。


でも、これを100%信じて 安心しきってたら 
とんでもない目にあう可能性もあり😅
自宅マンション棟にコロナの患者さんが発生したら、棟が封鎖され、
部屋から出てはダメになるので、東門に行けなくなるはずです。


やっぱり、リンゴと牛乳を持ち帰るのも 大事です(笑)

 

夫と再会できるのはいつ?


こうして 開封市の自宅に戻る準備を進めているわけですが、

さてさて、私が夫と再会できるのはいつなのか?


夫は仕事の都合上、8月29日から会社の寮生活をしています。
マンション小区の封鎖が解けるまでは 自宅に戻れません。
私が自宅に戻ったとしても、夫には会えません( ;∀;)

 

 

 

 

8月31日以降、コロナの陽性者は症状有り、無症状ともに、
ずっと0人が続いています。

 

 

昨日、夫は会社の寮の近くのビアガーデン(?)に行ったみたいでした。
楽しそう♪

 

今は開封市民全員がほぼ毎日PCR検査を行っていて、陰性の結果がでているので、
一番 安心感がある時期かもしれません(*´▽`*)


夫の会社のある小区は封鎖されていないので、行動は自由です。
うーん、自宅マンション小区は いつまで封鎖するつもりなんかなあ。

 

って思っていたら、先ほど会社の方が、
小区の自治会から解放時期の連絡があったと 教えてくれました。

 

 


9月9日のPCR検査で陽性の人が出なかったら、
9月9日の午後6時に 封鎖がとかれます とのこと。
クラッカーの絵文字が喜びを表してますね😄

 


9月9日って あと約1週間もあります(^▽^;)


濃厚接触者の9人、濃厚接触者の濃厚接触者の19人の方が陽性にならないか、
その接触者として 陽性になる住民がいないかを判断するために、
8月30日からの約11日間、
何千人もの住人が 身動きとれないのが 確定したようです。


そもそも 濃厚接触者の濃厚接触者って、
日本では もう そこまでは 追っていないですよね( ̄▽ ̄;)

 

夫から来たメール


ほんま どんだけ 我らが自宅マンション小区の自治会の方々は
慎重派なのでしょうか・・・・(*´▽`*)

 

とりあえず、夫との再会は 早くて9月9日のようです。

 

 

◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村