ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

馬が歩き、スズメが見下ろし、戦車が走る ≪朱仙镇启封故园 中編≫

こんにちは。

 

15時現在の開封市、気温10℃ 湿度97%。
朝は雨が降っていましたが、今はどんより曇りです。


さてさて、

 

朱仙镇启封故园 散策の続きです。

 

 

f:id:tpakira:20211020180522j:plain

階段があるなあと思ったら、

 

f:id:tpakira:20211020180526j:plain

立派な橋でした

 

f:id:tpakira:20211020180533j:plain

立派な橋と並行して平らな橋がありました

 

f:id:tpakira:20211020180517j:plain

この平らな橋の上から右の方を撮影した写真がこちらです
遠くに見えるあれは・・・・・

 

f:id:tpakira:20211020180529j:plain

乗り物が動いているのが見えます。
遊園地です~☆


入り口からすでに20分間 歩いて来たはずなのですが、
遊園地に行くには あと どんだけ歩かないといけないんや(*^◇^*)

入場ゲートの場所からは、機械音とか歓声とか聞こえなかったはずですよ。
遠すぎます~この距離でも まだ音は聞こえません(笑)


橋を渡りきった夫は 迷わず左へ(*´▽`*)←遊園地には興味なし

遊園地が目当てだろうと思われる 子供達は
右の方に進んで行きました。
おじーちゃん、おばーちゃんも後に続きます。


以前行った龍門石窟の3、4時間の徒歩観光は、
歩く距離や観光所要時間から 私は、当初と健脚者コースかと思っていたので、
途中で ヨチヨチ歩きの子供さんや ゆっくりゆっくり杖を着きながら歩く高齢の方を
何人もお見かけし、 ちょっと驚いたのですが、

 

子供のころから 広い中国の観光地を体験して、歩いて行くことに慣れていると、
徒歩3.4時間の観光地は 老若男女 誰でも普通に行けるレベルの観光地って

認識になりそうやなと 妙に納得しました(*'▽')

 

 

f:id:tpakira:20211020180536j:plain

ワンコも入場可能なようです

 

f:id:tpakira:20211020180544j:plain

あっ、馬!

 

f:id:tpakira:20211020180547j:plain

乗り込んだ二人

 

f:id:tpakira:20211020180552j:plain

さあ、出発するよ~

 

f:id:tpakira:20211020180556j:plain

写真を撮りながらお母さんが追いかけます

 

f:id:tpakira:20211020180540j:plain

1人だと約350円 2人だと約540円で
馬に乗れるようです。

 

f:id:tpakira:20211020180600j:plain

馬は橋の 端から端までを往復してくれるようでした。
3頭の馬さんがお仕事してました。

 

f:id:tpakira:20211020180614j:plain

橋の上からの眺め
とにかく 広~~いです(*^。^*)

 

f:id:tpakira:20211020180622j:plain

橋の中心部の床の石板がかっこ良かったです♪

 

 

f:id:tpakira:20211020180626j:plain

菊の鉢がありました。まだ蕾です。

 

f:id:tpakira:20211020180604j:plain

馬は人が歩い橋を渡っている すぐ横を通ります
馬の首には鈴がたくさんついていて、
ジャリン ジャリン と音が近づいてくるので、
そしたら、ちょっと避けて 馬に進路を譲ります(*^^*)

 

f:id:tpakira:20211020180630j:plain

馬に乗ってる皆さん、どの方々も とっても楽しそうやったのが
印象的でした(≧▽≦)

 

f:id:tpakira:20211020180637j:plain

何屋さんかな?と近寄ってみると

 

f:id:tpakira:20211020180643j:plain

なんだか視線が・・・・・

 

f:id:tpakira:20211020180647j:plain

スズメに見下ろされてるよ(*´▽`*)
この場所が気に入ってるのか、逃げる気配がありませんでした。
冬毛になってて フクフクの雀♪可愛い。

スズメに気を取られて 何屋さんか確認するのを忘れました・・・

 

 

f:id:tpakira:20211020180358j:plain

今回、基本 糸の切れた凧みたいにウロウロする夫の後を
ひたすら 写真を撮りながら ついていってました。
夫も 自分がどこに向かってのかさっぱりわかっていません(笑)

 

f:id:tpakira:20211020180402j:plain

なんだ!?
急に雰囲気がガラッと変わったぞ!

 

f:id:tpakira:20211020180406j:plain

戦車です。でっかいです。
遊園地の乗り物にしては 本格的すぎるように見えるんやけど
本物なのか??

 

f:id:tpakira:20211020180416j:plain

凸凹道もなんのその
(もう、どこまでが園の敷地なのかさっぱりわかりません💦)

 

f:id:tpakira:20211020180420j:plain

荒野をぐるりと~

 

f:id:tpakira:20211020180412j:plain

周ります

 

f:id:tpakira:20211020180409j:plain

お金を出せば 馬にも乗れるし 戦車にも乗れる

 

f:id:tpakira:20211020180425j:plain

水路のようなところにやってきました。
小さな橋が いくつか かかっていたのですが

 

f:id:tpakira:20211020180511j:plain

どこも階段で上り下りのようです(*^◇^*)
足の短いワンちゃんは 抱えて 橋を渡ります。


車いすのおばあちゃんは、車いすから降りて
這うように自力で登ったりして、なかなか大変そうでした。
(車いすは、付き添いの2人が抱えて運んでいました)

昔の中国では このような階段式の橋の造りが一般的やったのかなあ。

 

f:id:tpakira:20211020180508j:plain

風情のある風景~

 

f:id:tpakira:20211020180504j:plain

でも、ちょっと別の方に目をやると、
水の上に浮かぶビニールのアトラクション。
風情ぶち壊し(笑)

 


続く

 

 

 ◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村