ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

ここはどこだ?寺か?遊園地か?テーマパークか?≪朱仙镇启封故园 前編≫

こんばんは。

 

21時現在の開封市 気温11℃ 湿度67%。

靄った曇りの一日でした。

 

断水が解除され 水道から水は出ているのですが、

濁った水が今日もまだ出続けています。
そして、水流が弱くなったのか、錆でどこかが詰まったのか、
夫の方のトイレへの水の供給が極端に弱くなり 

トイレ詰まりそうな感じ・・・(*´▽`*)

 

貯水槽の掃除をして 良い感じになるはずが、
毎度 断水の後は なんやかんやで、改悪? って思ってしまう出来事が

出現します。断水の影響は もうちょっと続きそうです(^▽^;)


さてさて、


一昨日の断水の間、私は行き先を知らされずに、南の方に向かったわけですが、

 

詳しくはこちら ↓

tpakira.hatenablog.com

 

 

夫も 観光地ってことだけで、よくわかっていない場所に到着しました。

たぶん、地図アプリで 開封からの距離だけ見て、

電動車の走行距離内で行けそうな観光地を調べ、
観光地の内容は確認せずに選んだんやと思います(*'ω'*)

 

f:id:tpakira:20211019223055j:plain

お寺じゃないのか?
とりあえず 行ってみようか。

 

f:id:tpakira:20211019223101j:plain

天井の細工が凝ってるなあー

 

f:id:tpakira:20211019223108j:plain

ちょっとお寺ではなさそうかな(*^◇^*)

 

 

f:id:tpakira:20211019223116j:plain

遊園地なのか!?

 

でも 遊園地って雰囲気でもなさそうなのです。
遊園地ってガガガ―と機械音がしたり、

キャーーと悲鳴が聞こえてたりすると思うのですが、
BGMなどもなく、とても静かです (*^。^*)

 

 

f:id:tpakira:20211019223134j:plain

ここから入るみたいです。
中の様子は 入らないと全くわからないようです。

 

f:id:tpakira:20211019223127j:plain

中に入るには、お約束の健康QRコード入力が必要ですよ。
名前入れて、電話番号入れて、身分証認証のところで
ちゃんとパスポートの番号でも入力が出来ました。


こういったタイプのQRコードでの入力では、身分証の欄で、
中国の人の身分証しか入力する場所が無くて、
パスポートでは受け付けてくれないこともあるのですが、
良かったです(=゚ω゚)ノ

 

 

f:id:tpakira:20211019223140j:plain

中に入ってすぐのところに、
入場ゲートのようなものがあって、係の人達が何かを確認しています。

 

f:id:tpakira:20211019223145j:plain

チケット売り場があったけど、ほとんど人がいません。
みなさん、事前にネットで入場券 買ってるのかもなあ。

 

 

f:id:tpakira:20211019223155j:plain

入場料は60元(1000円ちょいくらい)のようです。
私達は 入場するつもりはないけど、
とりあえず、ここがどんなところが知りたくて、うろうろうろ。

 

f:id:tpakira:20211019223149j:plain

地図がありました。
なんだか 色々な建物があるようですが、さっぱりわかりません(^▽^;)
温泉酒店という表示もあるので 温泉ホテルもあるのかな??

 

 

この建物で しばらく周囲の人の様子を観察していると、

なんだか皆さん、さっきの健康コードを見せて、入場しているようなのです。

 

f:id:tpakira:20211019223043j:plainここで、さっきの健康コードをもう一度確認してみます。
あれ? 0元? 入場無料ってことなのかな(@_@)!?

(星で消したところには 先ほど入力した

私の名前と電話番号とパスポートナンバーがでています)


ぱきら「なんか、タダで入れるかもよ」
夫「えっ?なんで?? よし、ぱきら、試しに行け!」

 

入場ゲートに行って係の人に健康コードを見せると、
ピッと読み込んで中に入れてもらえました。

夫も続いて入場。

なんでかわからんけど、無料で入場 出来ちゃっいました(`・ω・´)

 

f:id:tpakira:20211019223201j:plain

建物から出ると 広場があり、
この空間でも ここがなんだか よくわかりません。

 

f:id:tpakira:20211019223207j:plain

人々は皆、こっちの建物の方に行くので
私達も 同じ方向に進んでみます。

 

f:id:tpakira:20211019223212j:plain

キャラクターがいます

 

f:id:tpakira:20211019223218j:plain

人気があるようです。メインキャラクター??

テーマパークなのか!?

 

 

っと、私が視線を感じたのがこちら。

 

f:id:tpakira:20211019223224j:plain

なぜか あんな遠くにポツンといるネズミちゃん

 

 

f:id:tpakira:20211019223229j:plain

思わず握手をしてもらいに行きました(*´▽`*)

 

f:id:tpakira:20211019223234j:plain

入場ゲートがまた出現。
でも ここは今は使われてないようで、横の通路を通ります。

 

f:id:tpakira:20211019223241j:plain

建物から出ました。
ここはなんだ?

 

 

f:id:tpakira:20211019223248j:plain

昔の中国の

 

f:id:tpakira:20211019223255j:plain

船着き場に

 

f:id:tpakira:20211019223310j:plain

迷い込んじゃったのか??

 

f:id:tpakira:20211019223302j:plain

外からは想像できなかった広さの
湖みたいなのが広がっています。

 

 

そして、

 

f:id:tpakira:20211019223318j:plain

人形かな?

 

f:id:tpakira:20211019223323j:plain

近寄ってくるぞ~
なにかのショーをやってるのか!?

 

f:id:tpakira:20211019223331j:plain

目の前に降りてきた(@_@)

 

f:id:tpakira:20211019222903j:plain

一般の子供のようです。

 

f:id:tpakira:20211019222859j:plain

誰でもお金を出せば、昔の衣装を着て空中体験ができるみたいです。

 

f:id:tpakira:20211019222924j:plain

私達は とにかく ウロウロ ウロウロ(*'ω'*)

 


夫「日光〇戸村や映画村みたいなとこなんかなあ」

 

 

f:id:tpakira:20211019222930j:plain

湖の周りには色々な建物があり、

 

f:id:tpakira:20211019222915j:plain

中を見学できるようでしたが、

頭が?状態の私達は
どこにも入らず 散策を続けます。

 

 

帰宅後、どこに行ってきたか調べたら、
私達は 『朱仙镇启封故园』 に行ったようでした。


中国のウェブ辞典のようなもので調べてみると、『朱仙镇启封故园』は

河南省・開封市などが行っている国家文化観光プロジェクトにより
作られることになった施設のようで、10年かけて建設され、

累計投資額は120億元、総建設面積は80万平方メートル以上とのこと。


計画によると、古代町展示エリア、湖周辺の観光エリア、

温泉エリア、古代戦争文化体験ゾーン、エコ農家体験ゾーン・・・・などなど
8つのエリアにわかれているらしいのですが、
計画通りに 作られたかどうかまでは書いてなかったので、
よくわかりませんでした(#^◇^#)


そして、入場無料で入れた理由は、
10月10日から11月10日までの一ヶ月間、

f:id:tpakira:20211019230454j:plain

河南省の様々な観光施設が 無料開放されているようなのです。

理由は全くわかりません・・・・・。菊祭りやるから??

 

なんと、先日行った龍門石窟も今の期間なら90元→無料!!

なんて、太っ腹なんや😲

 

とにかく今回 ひょっこり無料で入れたのは、ラッキーでしたが、

今にして思えば 何も知らずに いきなりディズ〇ーランドに

迷い込んだような感じでした・・・・(*´▽`*)

 

 

中の様子をもうちょっと書きたいので

続きます(*^^*)

 

 

 

 ◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村