ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

北宋時代の首都を模したテーマパーク『開封府』に行ってきました 前編

こんばんは。

 

17時現在の開封市 外気温29℃ 湿度44%です。

良い天気の一日でした。

明日は中国の建国記念日、国慶節です。
町のあちこちで中国の国旗を見かけました(*^^*)


さてさて、

 

先日の中秋節の休みの時に
北宋時代の首都を模したテーマパーク『開封府』に行ってきました。

 

私も夫も2013年の時には行かなかったので、
今回が初観光です。

 

f:id:tpakira:20210930182955j:plain

『開封府』
開封市の中心部、包公湖東湖の北東岸にあります。

 

f:id:tpakira:20210930182958j:plain

チケット売り場 

1人65元(約1125円)でした。
実は今回、ちょっとイレギュラーな方法での入場となりました。
時期や、受付の人によっては、また対応が違ってくるかもしれません。
ご利用時に、各自でご確認ください。

 

 

f:id:tpakira:20210930182952j:plain

入り口ゲートです。
あの奥はもう、北宋時代の開封の町

 

f:id:tpakira:20210930182950j:plain

立派な門

 

f:id:tpakira:20210930183002j:plain

入ってすぐの場所に地図がありました

 

f:id:tpakira:20210930183005j:plain

うーむ(*´▽`*)
ちょっとよくわからないなあ。

 

f:id:tpakira:20210930182828j:plain

適当に周ってみよう。

 

と、最初に入った建物が・・・・

 

f:id:tpakira:20210930182835j:plain

何故か、牢屋でした(;^ω^)

 

f:id:tpakira:20210930182831j:plain

翻訳アプリを使って、読んでみると、
身も凍るような拷問の説明が色々されていました。

毒を飲ますのが、一番人道的な方法って書いてあったよ( ;∀;)

 

f:id:tpakira:20210930182837j:plain

気をつけて の『気』が抜けてる(笑)

 

f:id:tpakira:20210930182841j:plain

北宋時代の牢には 絶対に入りたくないですね

 

f:id:tpakira:20210930182844j:plain

炎帝と黄帝??

 

f:id:tpakira:20210930182847j:plain

広い空間に出ました

 

f:id:tpakira:20210930182850j:plain

ガオ―――

 

f:id:tpakira:20210930182853j:plain

北宋時代にタイムスリップ♪

 

f:id:tpakira:20210930182856j:plain

中はお土産屋さんのようでした

 

f:id:tpakira:20210930182900j:plain

輿の担ぎ手さん達は休憩中

 

f:id:tpakira:20210930182903j:plain

高い塔の前に人だかりがあります

 

f:id:tpakira:20210930182905j:plain

結婚式のショーをやっているみたいです。

 

f:id:tpakira:20210930182909j:plain

赤い衣装の花嫁さんと花婿さん

 

f:id:tpakira:20210930182912j:plain

塔の上にも人がいます。
この塔は上まで登れるみたいです(#^^#)

 

f:id:tpakira:20210930182919j:plain

ショーが終わった直後

 

f:id:tpakira:20210930182916j:plain

添乗員さんが 集まって~と言ってます。
中秋節の連休を利用して、開封市に観光に来られた方々でしょうか。

 

f:id:tpakira:20210930182925j:plain

こっちでも人だかりです

 

f:id:tpakira:20210930182922j:plain

中心には、字を書く人がいました

 

f:id:tpakira:20210930182934j:plain

塔の周囲を観察します

 

f:id:tpakira:20210930182936j:plain

テーマパークなので全部作り物なのですが、

 

f:id:tpakira:20210930182940j:plain

雰囲気は十分味わえました(*^^)v

 

f:id:tpakira:20210930182931j:plain

こんな感じの屋根の飾りの本物は『山陝甘会館』に行けば見られます。

 

f:id:tpakira:20210930182928j:plain

ではでは塔の中へ

 

f:id:tpakira:20210930182943j:plain

登り階段と下り階段がわかれていました

 

f:id:tpakira:20210930182947j:plain

今度の日本語は間違っていません(*^▽^*)
日本語が書いてあると ちょっとうれしくなるなあ。
でも、階段が狭いからどうした? って感じです。
混雑しないようにしてください を訳すのを

忘れているようです(*´▽`*)

 

 

後編に 続く

 

 

 ◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村