ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

中国のマンションでの集団PCR検査は多くのスタッフさんによって支えられているようです

 こんにちわ。

14時半現在の開封市 外気温24℃ 湿度100%です。

朝から降っていた雨が、さっきからちょっと上がったかんじです。

(路面はまだ濡れています)

室温は26℃、湿度は58%です。

 


さてさて、

 

第二回目の、開封市民全員PCR検査が行われるということで、
午前中、マンションの一角で行われているPCR検査会場に、
検査をしに行ってきました。


昨日はブログを書きかけで寝てしまったので、
今日は 昨日の書きかけのブログを仕上げてUP予定やったのですが、


思いのほか、早く検査が終わって戻ってこれたので、
本日は集団PCR検査のことを書こうかと思います(*´▽`*)

 

 


今までのPCR検査は病院に行って受けていて、
会社の人が付き添いで一緒に行ってくれたり(自宅隔離中の時)、
夫や会社の人達と集団で受けに行ったりやったのですが(第一回開封市民全員検査)、


今回はマンション内が会場になっているので
一人で受けに行けとのことでした。
(夫は会社で集団PCR検査を受けるようです)

 

PCR検査だけでも嫌やのに、
1人で行くの 心細くて嫌だよ~(涙)

と嘆いても仕方ありません(^_^;)
昨日の書きかけのブログを書きながら待ちます。

 

うちのマンションは、日本の団地みたいな感じで、
敷地内に何棟もの建物が建っています。

 

棟ごとに、順番でPCR検査を受けるので、
順番が来たら連絡があるだろうと 夫から聞いていました。
でも、一日のうちで、いつ呼ばれるのか 誰に呼ばれるのか、
全くわかりませんでした(^▽^;)
(夫もわかりませんでした)

 

午前中 夫の勤務先会社のAさんから電話があり、

Aさん「ぱきらさん、そろそろ ぱきらさんの棟の順番みたいです。
    下に係の人がいますから 集合して行ってください。
    パスポートのコピーに、住所・部屋番号・電話番号を書いたものを

    持っていってください」

ぱきら「ありがとう~」
(Aさんから日本語で連絡あって助かった♪
下に集合したら、他の人の動きを見て 真似していったらなんとかなるやろ)

 

っと、下に行ったのですが、
誰もいませんΣ(゚д゚lll)


私の勝手な想像では、
下に係の人がいて、名簿かなんかで PCR検査を受ける人をチェックして・・・と
思っていたのですが、


さて、困った~置いていかれたか?


とりあえず、PCR検査会場はどこかわかっていたので、
歩き出してみます。

 

f:id:tpakira:20210813153424j:plain

今から行く人と 終わった人とで ごちゃごちゃ。


Aさんに、誰もいなかったので、会場まで来ましたがどうしたらいいですかと
メールしてみましたが、返事は無し。
Aさんも 他の仕事で忙しいだろうし、それは 仕方なしです(*´▽`*)

 

f:id:tpakira:20210813153441j:plain

あちこちに 水色のレインコートを着ている人がいて、
どうやらその方々が係の人っぽいです。

 

f:id:tpakira:20210813153445j:plain

やっぱり、なにかリストでチェックしてるっぽい。


私は完全に迷子なので、
意を決して、水色の人に 

住所・部屋番号・電話番号を書いたパスポートのコピーを見せながら

「どこに行けばいいですか?」
と聞いてみました。

 

係の人 「×△◆□・・・・・」バババーー―っと言われる。

(そうだよなあ~💦  聞いたは良いが 全くわからん(;'∀'))


ぱきら「不好意思、听不懂 (ごめんね、わからない)」

聞いたくせに 言葉わからないとかって ある意味ヒドイよなあと 

自分でも思いつつ、まずは 言葉のわからないやつだと 

相手の方にわかってもらう作戦です。

 

相手の方は 途中からジェスチャーを交えて 
向こうに並べ みたいなことを言ってくれました。

リストの名前チェックなどしなくて良さそうで、並ぶだけで良いようです。
なんとかやり取り出来ました。お世話かけました。ありがとうございます。


で、行列に並びに行こうとしたら、別の住人っぽい人に話しかけられました。
「私もわからないんだけど、どこ並べばいいの?」みたいな感じです。

 

係の人が「その人 言葉わからんみたいだよ~」と言ったので、
住人の人は 直接 係の人に聞きにいったみたいですが・・・・
周りには 他にいっぱい人いるのに、
なんで 言葉のわからない私の方に来るの!?って、謎やあ(涙)

日本でも中国でも 何故か私は道を聞かれることが とても多い気がします。

開封に来てからもすでに数回。
日本やったら、日本語ですぐ答えられるんやけど、
中国では ほんま、困ります。 

私に聞いても ごめんね、知らん!しか言わんよ~(;´Д`)


話がそれました😅

 

 

f:id:tpakira:20210813153430j:plain

列に並んでみます。

並んでる途中で、Aさんから 列に並んで検査を受ければ大丈夫ですと
連絡が来ました。並んでます~(*^^*)

 

f:id:tpakira:20210813153450j:plain

列は思ったよりもスイスイすすみます。
黄色いゲートを持った人のところまで来ました。
この人が 列の進みを調節してくれているようです。

 

f:id:tpakira:20210813153454j:plain

赤い腕章に『志愿者』の文字が見えたので、
ボランティアの人なのかもしれません。

 

f:id:tpakira:20210813153325j:plain


矢印の方 お二人とも住人ではなく、
スタッフさんのようです。


ここで、住所・部屋番号・電話番号を書いた

パスポートのコピー(中国の方は身分証のコピー)を
回収されました。

 

f:id:tpakira:20210813153332j:plain

入り口
イラストを見るだけで、
どこの部分の採取するのかわかりました。
鼻じゃなかって良かった(*^^*)

 

f:id:tpakira:20210813153355j:plain

カードをもらいました。
しばらくは このカードをマンション敷地内に入る時に見せれば、
スムーズに出入りできるのかもしれません。

 

 

f:id:tpakira:20210813153351j:plain

管理室に行く前の廊下(ホール?)がPCR検査会場になっていました。
PCR検査は1か所で行っているのかと思いましたが、
レーンが4か所あって、4か所で同時に行っているようでした。
数人ごとに、別々のレーンに誘導されているようでした。

 

f:id:tpakira:20210813153400j:plain


雨漏り中

 

f:id:tpakira:20210813153404j:plain

隣のレーンも雨漏り中~
写真じゃわかりにくいですが、なかなか盛大な雨漏りです(*'▽')

 

f:id:tpakira:20210813153408j:plain


4か所同時に検査しているので 列の進みが早い早い。
あっという間に自分の順番になりました。

 

こうして、PCR検査を終えて、部屋に戻ってきたわけですが、

途中 迷子になってウロウロしたにもかかわらず、
家を出て戻ってくるまで
20分しかたっていませんでした(*^。^*)

 

今回、職場など 他の場所でPCR検査を受ける人以外は、
マンション内での会場で検査を受けるようです。

 

 

f:id:tpakira:20210813153414j:plain

車いすの方も

 

f:id:tpakira:20210813153419j:plain

小さなお子さんも


とにかく、自力で来れる人は みーーーんな PCR検査を受けます。


数百人規模の 結構な数の住人が検査を受けることになると思います。
なので、もっと 混乱して 時間がかかるものやと思っていました。


短時間で検査を終えられたのは、

水色のレインコートを着た人達、
腕に腕章をつけた人達、
それ以外にも 係の人っぽい人達

とにかくスタッフさんがたくさんいて、
スムーズに 住人たちを誘導してくれたことがおおきいと思います。

(Aさんと、棟ごとの進み具合をやりとりしてくれたのも 

スタッフさんだと思います)

 

メガホンを持って声で誘導する人、
列に並ばせる人
列を整理する人
コピー用紙を回収する人
コピー用紙をまとめる人
カードを配る人

医療スタッフや保健所の人達だけではなく、
多くの人が この集団PCR検査を支えているんだなと思いました。


あと、今回のPCR検査は、本人確認などはせず、
部屋番号と電話番号を書いた身分証明のコピー用紙の枚数と
並んでいる人の人数だけを合わせて、
数人ずつをグループとして、グループごとにPCR検査しているようでした。
(採取は各自からするけど、検査溶液はおそらく数人一緒に検査する感じ)

 

もし 異常が出た場合は、そのグループの人だけを 

詳しく再検査するのだと思います。

 

受付方法も、リストと照らし合わせするなど一人一人チェックせず、
列に並んでいる人達からコピー用紙を回収するだけなので、

とにかく早い早い~。

 

提出した身分証明のコピーの人物と、違う人がかわりに検査を受けていたとしても、
わからないんじゃないだろうかと 思ってしまいましたが、

でも、そんなことは 今は問題ないのでしょう。


ややこしいことをした人は、後で別の時に ひっかかってくるのでしょう。 
(健康コードや行動コードなど個人の情報が色々連動しているようなので)

 

清々しいほど、 
多くの人のPCR検査を いかにスムーズに終わらせるか に
特化したやり方を実践している気がしました。


今までも、市内全員、数万人のPCR検査を数日で終わらせる~

というニュースを聞くことがあり、
どうやって、そんな大人数を一度に検査出来てるのかと思っていましたが、


今日の集団PCR検査の検査体制を見て、
これなら、可能なんだろうなあと 納得しました(*^^*)

 

 

 

 ◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村