ぱきらの中国(河南省開封)生活

2021年6月~河南省开封市に生息中。日常のたわいもないこと、中国情報などを気ままに書いていきたいです(*^^*)

海外引越、船便の第2便到着でまた整理整頓の日々へ(´▽`*)

こんにちわ。
15時現在の開封市、外気温30℃ 湿度69%です。
厚い雲がかかっています。
室温は30℃、湿度は55%です。

 


さてさて、

 

今日は私が6月11日に日本から送った、
船便の第2便が到着しました。

通関が混んでいて、到着まで2、3ヶ月かかるかもって話もあったのですが、
1ヶ月ちょいで到着したので、とても速かったと思います。


朝9時に行きますってことやったのですが、
来ないなあと思って、玄関から外を見てみると、

 

f:id:tpakira:20210717174650j:plain

 作業は密かに始まっていたようです(*´▽`*)
段ボールをエレベーターで最初にたくさん玄関前に上げてから、
チャイムを押そうとしてくれていたようでした。


作業開始♪

夫は今日は仕事のため、一人で荷受けです。

 

引越し屋さんが自分の運んでる段ボールの番号を言いながら 

玄関から入ってきてくれるので、

 

f:id:tpakira:20210717174647j:plain

23番は1の部屋、45番は2の部屋 みたいな感じで、
部屋の真ん中に立って、船便リストで段ボール番号をチェックしながら、
振り分けていきました。
(事前に リビングは1 ダイニングは2 と部屋番号を決めて、
船便リストから段ボールの中身を推測し、リストの横に振り分けのメモを書いておくと
かなりスムーズです)


今回、日本語のペラペラな中国人の引っ越し業者さんが1人いてくれて、
もう一人の方も 数字は日本語で大丈夫だったので、
日本で引越しするとの同じ感覚で荷受けをすることが出来ました。

 

 

ちなみに、我が家の間取りは、2LDK+S(3畳ほど) です。


私が上海での隔離をおえて 開封に移動してきた6月27日、
開封の自宅マンションは、夫が移動する場所以外は基本的にホコリだらけの状態、
夫の引っ越し荷物である第1便の段ボールが未開封であちこちに
積んである状態でした。

 

f:id:tpakira:20210717174654j:plain

リビング
6畳ほどのスペースです。
中国のマンションは、日本のマンションより広いリビングのところが多いので
6畳だと中国では 狭い方だと思います。

 

f:id:tpakira:20210717174659j:plain

家具は備え付けなのですが、
部屋の広さから考えてソファーとテーブルがちょっと大きすぎます
(完全に、広いリビング仕様のソファーとテーブルです(笑))

 

f:id:tpakira:20210717174615j:plain

夫「足が入らないの~使いにくいよ~(;^ω^)」

 

 

f:id:tpakira:20210717174637j:plain

ダイニング
夫の仕事スペース+段ボール置き場になっていました

 

f:id:tpakira:20210717174526j:plain

奥の部屋 左
部屋の真ん中に洗濯物干しロープを通して、
洗濯物干し場&段ボール置き場になっていました。


奥の部屋 右は寝室+段ボール置き場、
3畳の納戸スペースも 段ボール置き場になっていました。

 

この状態やった自宅を、
自宅隔離期間の2週間で、

 

 

f:id:tpakira:20210717174632j:plain

リビング
1人用ソファーと備え付けテーブルを移動させました。
船便第一便で送ってあった
畳みマットとコタツテーブルをセッティング。
(畳みマットは3畳です。
もしかしたら、イ草が通関でひっかかるもってことでしたが、
通らなかったら処分してもらって大丈夫ですと、
引っ越し荷物に入れさせてもらったものです。
無事に届いてよかった・・・・)

 

f:id:tpakira:20210717174704j:plain


ダイニング
ダイニングテーブルを奥の部屋左に移動。
1人用ソファー 置くとこ無かったのでとりあえずここに。
納戸にあった机を持ってきて、
私のパソコンスペースにしてみました。

 

f:id:tpakira:20210717174627j:plain

奥の部屋 左
洗濯物干し場を移動させて、夫の仕事場に。
夫が 仕事机にはダイニングテーブルの広さが使いやすいってことで、
ダイニングテーブルを移動させてきました。

 

f:id:tpakira:20210717174605j:plain

3畳のスペース
洗濯物干し場&荷物置き場に。
リビングにあったテーブルもこちらに置きました。


こうして、住みやすく整えていたのですが、

今回の第2便の到着で

 

f:id:tpakira:20210717174538j:plain

どん

 

f:id:tpakira:20210717174611j:plain

どーん

(ダイニングです)

 

f:id:tpakira:20210717174640j:plain

どどーーん
(寝室のベット脇です)

 


寝室に置いた段ボール以外は、
開封してもらい、とりあえず、適当に置いといてくださいとお願いしたら

 

f:id:tpakira:20210717174546j:plain

夫の仕事机が 埋もれた~(*^▽^*)

 

 

そりゃ、こうなりますよね😅

リビングとベットの上は荷物を置かないようにしたので、

とりあえずは生活が出来る状態は死守しました(笑)

 

 

f:id:tpakira:20210717174555j:plain


待ちわびてたキッチンタイマー発見♪
キッチンタイマーがなかったので
スマホをしばらく代わりで使っていたのですが、
濡れた手で触れないし、不便でした。
やっぱり料理の時には これが欲しいです\(^o^)/

 

f:id:tpakira:20210717174532j:plain


キッチンタイマーと一緒に、日本の冷蔵庫に貼ってあった
姪っ子ちゃんの絵も発見しました。
ホッコリ~(´▽`*)

 

今回の引っ越し準備、
途中までは 船便・倉庫・実家用と整理しながら
荷物を分類したりしていたのが、
最後は完全に時間切れで 引越し当日を迎えてしまい、
ぐっちゃぐちゃな状態のまま、ここにあるの全部船便で送ってください 

みたいな感じで荷造りしてもらったものもあり、

 

今回の開封では、ハンガーがあちこちから出てきたり、
変なところから靴が出てきたり・・・・😅
(日本側も 中国側も 海外引越し業者さんには本当にお世話になりました💦)

 

また ぼちぼち整理整頓していきたいと思います。

船便の第1便の整頓がやっと終わったと思ってたけど、

第2便到着でまたまた整理整頓の日々へ(*´▽`*)

 

◎おまけ


おまけ・・・という書き方で良いのかわかりませんが、

 

今回の中国人の日本語ペラペラの引越し業者さん、
上海から出張して荷物を運んできてくれたのですが、
引越し始まって、すぐに声かけてきてくれたのが

「奥さんがいて 本当にびっくりしました。どうやって来たのですか?」
でした。

帯同ビザや招聘状の話を 作業しながら結構長く話しました。

中国帯同ビザと招聘状 -ただ 家族が一緒に暮らしたいだけなんですが- - ぱきらの中国(河南省開封)生活


おそらく、単身赴任で駐在される方などから、
現段階では帯同は難しく 一人で中国に来るしかなかったなどの情報を
たくさん聞いていて、
なのに 私がいたのでビックリしたのだと思います。

「開封市の日本人、少ないから許可が出やすかったのかなあ」と
おっしゃっていましたが、
結局 2人して、色々推測するしかなかったです。

ほんま、〇〇したら、招聘状すぐおりましたよ って言えれば

良いのですが・・・・。


早く 希望するすべての人が帯同できるように、
帯同ご家族の引越し荷物をバンバン輸送出来るように、
切に願います。

 

 

 

 

◎最後まで読んでいただきありがとうございました(#^^#)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村